育毛剤の種類

ドラッグストアなどで販売が行われている育毛剤である「リアップ」は一度は目にしたことがあると思います。
育毛剤は、"ミノキシジル"という成分が含有されており、リアップはこの成分が1%と5%含有した2種類が販売されています。
「最近、髪が薄くなってきた…」
「髪の量が減った…」
と感じている男性が頭皮に直接塗ることで、効果を発揮します。
作用としては、頭皮の血管を拡張することで、
・血行の促進
・毛乳頭細胞の活性化
・毛母細胞の活性化
などが起こり、血液を通して髪に十分な栄養を補給して髪の生成を助けてくれます。
植物と同じで、十分に栄養が補給された髪はコシがあり太く丈夫な硬毛へと変化していくので薄毛を改善する事ができます。
しかし弱点があって、この薬は"頭頂部”のみに効果を発揮し前頭部には期待する効果は発揮されないとされています。
その理由が「液剤」だからです。
生え際などに塗っても液だれしてしまい成分が浸透する前に落ちてしまうので、頭頂部以外には効果は期待できません。
そこでこのミノキシジルを頭皮全体に作用させるために開発されたのが海外医薬品である「ミノキシジルタブレット」や「ロニテン」です。
ロニテンやミノキシジルタブレットとは、成分ミノキシジルを錠剤の中に含むことでからだの内側から上記に記載した作用を期待することができます。
なので前頭部にも効果を発揮し、全体的に育毛効果を期待することができます。
ミノキシジルタブレットやロニテンは飲む育毛剤になるので、外用薬とは違い副作用が起こります。
・血圧の低下
・多毛
・動悸
・頭痛
などの症状がみられます。
頭皮だけに育毛効果が現れる訳ではないので、服用を続けることで足や腕の毛が濃くなると言われています。
また、動悸や頭痛といった症状は血行が急に良くなることで起こるとされています。
重い副作用症状はほとんどないとされているので安全面では問題ないとされていますが、体毛が濃くなる事と髪を増やす事のどちらが良いか考えた上で服用を検討してみてください。